故人の葬儀をスムーズに行なうために葬儀の形式を知っておこう

葬儀で必要な費用

花

自分で用意するもの

藤井寺で家族葬をする場合は、家族葬をしている葬儀会社に依頼するのが一般的です。葬儀会社には「家族葬プラン」がありますが、プランに含まれている内容は会社ごとに違います。たいていは祭壇代、セレモニースタッフの人件費、柩代、霊柩車代、ドライアイス代などは含まれています。斎場の利用料は、含まれている場合と、含まれていない場合があります。含まれていない場合は、斎場の利用料金は自費で支払う必要があります。斎場の場所、規模、利用時間などにもよりますが、藤井寺なら一日20万円くらいが相場です。なお、家族葬をするなら家族葬専門の斎場を利用するのがお勧めです。また、遺体安置所があるか、バリアフリー仕様か、駐車場はあるかなども、事前に確認しておくと安心です。なお、遺体を荼毘にふすだけの火葬式や直葬なら、藤井寺には市民向けの火葬場があります。市民向け火葬場は、藤井寺市民なら8000円で利用することが可能です。とにかく葬儀のコストを抑えたいという場合は、火葬式をするのも一つの選択です。その他にプラン以外でかかる費用にお布施代があります。お布施代は、寺院関係者に支払う読経代、車代、食事代などをまとめた費用です。お布施には明確な規定はなく、地域ごとに差があります。あるデータによれば、関西地方のお布施代は平均48万円だそうです。全国平均では45万円です。家族葬をする場合は、お布施として45万円くらい用意しておくと安心です。