故人の葬儀をスムーズに行なうために葬儀の形式を知っておこう

服装のマナー

納骨堂

一般葬と基本は同じ

四條畷で家族葬を行う場合、その地域性からどのような格好で参列すべきか把握しておきます。「家族葬」はその名の通り、親族のみで執り行われる葬儀のことです。対して知人等を招いての葬儀を「一般葬」と呼びます。四條畷において「家族葬」の場合であっても、お通夜、告別式を通して通常の「一般葬」と同様に、参列時の服装は男性ならブラックスーツが基本です。女性は膝が隠れるタイプの丈が長いブラックのワンピース、もしくはスーツが基本となります。四條畷では「家族葬」の場合でも、まれに親族から要請を受けて許されたケースは親族以外の方が参列することも可能です。お通夜の場合は「一般葬」と同じく、急な知らせであることから男性の場合は普段遣いのスーツやYシャツ、女性の場合は地味な色のワンピースやスーツでも構いません。また、どうしてもお通夜に間に合わない場合は、男女ともに普段着での参列も許されています。告別式に参列する場合は、親族以外の参列者も親族と同様の服装となります。上記の服装の他に、男性では革靴やベルト、ネクタイなどもブラックの物が原則となります。女性であれば、ブラックのストッキングやパンプスなどを着用しますが、基本的なスタイルは四條畷であっても一般的な服装基準と同じです。また、子供の服装については制服がある場合はそれを着用し、ない場合は黒や紺の地味なジャケットを着用し、それに合わせたズボンやスカートを着せるようにしましょう。